戻るトップ > おしゃれな兜
a:211 t:1 y:4

五月人形おしゃれな兜

三分の一の源義経

着用兜 羅王

着用の大和日輪

兜がおしゃれな理由

ひなせいで取り扱っている兜の中でも、特におしゃれで人気なものは、

昔の武将が実際に着用したもの、あるいは神社に奉納されたものを忠実に写し取ったものです。

現代のわたしたちが見てもおしゃれな兜は、戦国時代当時も大変斬新で、おしゃれなものでした。

武将たちがこぞっておしゃれな兜を求めたからです。

合戦場は、もちろん命のやり取りをするところです。その中でひときわ目立つ兜をかぶるということは、「目印になる」ということを意味しました。

味方にとっても「殿があそこにいる」という頼もしい目印であったわけですが、敵にとっても「敵の大将はあそこにいる!」という攻める目印にもなります。

攻められても敵を退けられる、負けない心意気の表れとして武将が目立つ兜をかぶることが「粋」とされた時代でした。

悪い意味で目立ってもそれを退けることができる、負けない、という強い意味を持って当時の武将たちはおしゃれな兜をかぶっていたのです。

●1/3源 義経グリーンの兜
源義経を通販でお探しなら

通販で人気の源義経

きれいなグラデーション

曲線もキレイに切り出し

彫りが綺麗な五月人形

ひとつずつ丁寧に

源義経の甲冑

漆の技法

一つ一つ丁寧に

なぜおしゃれな兜を作るのか

おしゃれな兜の五月人形を作るのは、もちろんデザイン的に優れているからでもあります。

ですが、それだけではなく、武将たちの「負けない」という強い「不退転」の気持ちを持った五月人形を

お子さまの守りにしていただきたいという気持ちがあります。

五月人形はただの飾りではありません。

男の子を災厄から守り、元気に健やかに大きくなるようにという魔除けの気持ちを乗せて贈る大事な贈り物です。

将来、大きくなった時に「自分にはこんなに立派な五月人形をくれたのか」とお子さんが思う時まで、思いを届ける贈り物でもあると思っています。

五月人形は、生まれた時にご両親や祖父母の方がどんなに喜んだか、そして成長をどんなに願ったか、その思いを届けるものでもあると思います。

強い気持ちをもって戦に臨んだ武将たちの心意気を、ぜひ添えておくっていただきたいと思います。

●着用兜 羅王
おしゃれな徳川家康

欲しくなる五月人形

400周年の流行り

静岡県では流行りの兜

日光東照宮に所蔵

豪華な鎧兜

素敵で綺麗なデザイン

見事な作り

質感漂う作り

長く置いておきたい兜は、おしゃれなものを

おしゃれな五月人形は、どんなインテリアも邪魔しないという強みがあります。

おしゃれな兜は当代の甲冑職人が誠心誠意作り上げたもの。

その迫力は2分の1、3分の1の大きさになっても消えるものではありません。

●着用兜 大和日輪
五月人形日輪をお探しなら

立派な日輪型の金具がついた甲冑

豪華な五月人形着用できる甲冑

つくりも丁寧な甲冑です

五月人形日輪の兜

彫りもいい五月人形甲冑

龍をあしらった甲冑

工房よりご提供します

被れるかぶとを工房より

また、その迫力を消さないために、ひなせいでは一流の職人の作成したものしか取り扱いません。

五月人形は長く節句のたびに飾っていただくもの。ぜひおしゃれな兜を選んでいただけたらと思っています。

五月人形おしゃれな兜

三分の一の源義経

着用兜 羅王

着用の大和日輪



五月人形一覧を見る