戻るトップ > コンパクトな兜飾り
a:212 t:3 y:0

五月人形でコンパクトな兜飾り

徳川家康一の谷の兜

着用収納 ブルー

コンパクトな五月人形とは?

五月人形は実物大ほど大きなものが好まれた時代から、もう100年近くが経とうとしています。

ひな人形だけでなく、五月人形にも二段飾りや三段飾りがあった時代があります。

今はそんなに大きなものを飾る旧家も少なくなったのか、「平飾り」と呼ばれる一段飾りのものを飾る家がほとんどです。

平飾りの中でも、ちょっと小さなサイズを「コンパクト型」と言い、こちらがここ10年くらい人気の型となっています。
●徳川家康一の谷の兜
一の谷の徳川家康

一の谷の甲冑なら

徳川家康の五月人形一の谷甲冑

見えない所もしっかりと

コンパクト兜

特徴的な一の谷甲冑

ていねいな作業

手作業で仕上げる一の谷

かっこいい兜飾り

コンパクトな五月人形が好まれる理由

コンパクトな五月人形が好まれるようになったのは、理由があるのではないかと思います。それは、マンションの形態の変化です。

集合住宅が「団地」タイプがメインだったころ、居住スペースよりも「どのくらい収納スペースがあるか」ということが流行した時代がありました。

現在は、どのくらい収納スペースがあるかというよりも「どのくらい居住スペースがとれるか」「収納スペースを少なくして、すっきりとした部屋に見せる」というタイプのマンションが主流になってきています。

二段飾り、三段飾りのものは収納スペースを多く取ります。もちろん、飾るスペースも多く取ります。

空間一杯に居住スペースを取っているマンションだと、飾るスペースも省スペースかしたくなります。

通常の大きさの兜、未就学児のお子さまが着用できる着用タイプの兜のさらに一回り小さな平飾りのコンパクト兜飾りが流行するのは、しまいやすい、飾りやすい、そしてスペースを取らないからではないかと思っています。

●着用収納兜 ブルー
売れ筋のNo,1

迫力ある甲冑

綺麗なデザイン

素敵な色合い

色彩感覚が豊かな兜

質感たっぷりの兜飾り

鍬形のデザインも素敵

売れ筋の収納飾り

五月人形の画像

兜飾りはただの飾りではありません

兜飾りを飾るのは、節句の伝統です。ひなせいはこの伝統に大きな意味があると思っています。

兜飾りを飾るのは、お子さまの魔除けのためです。立身出世を願ったり、無事な成長を願うための「気持ちのしるし」です。

兜飾りを飾ることは、「あなたが生まれてからずっと私たちはあなたの無事な成長を願う」という気持ちを1年に1度かみしめる日です。

そして、それが積み重なったころお子さまは立派に成長することでしょう。未来への贈り物として、五月人形や兜飾りを飾っていただきたいと思っています。

五月人形でコンパクトな兜飾り

徳川家康一の谷の兜

着用収納 ブルー



五月人形一覧を見る