戻る>トップ>全商品を見る>幸一光なら!

五月人形 幸一光なら!

a:3693 t:1 y:5

五月人形 幸一光の駿

あどけない顔

つぶらな瞳

限定生産の幸一光の子供大将
毎年、確実に日本の市場からなくなってしまう位、大変人気の可愛い大将飾りです。
早期のご注文でないと手に入らないという珍しい五月人形の駿なのです。

あどけないお顔がとても好評です
沢山の数は作ることができない幸一光作の駿。

こんな時代に日本市場から完売をしてしまう限定製作の甲冑があるなんて、驚きですね。

お気に入りましたら、お早目のご依頼を。

にっこりしちゃう笑顔

素敵な表情

小さな所も丁寧に

あどけなくて可愛い

可愛さ重視

二人目にもぴったり

幸一光の五月人形大将

渋さと可愛さの融合

昔ながらの製法

人気ナンバーワン

幸一光の自信作

仕立てが素敵

エンジ色の段縅が高級感を感じさせる本格的な作りとなっております。
意志の強そうな凛とした目元が特徴の五月人形です。
「幸一光」というのは、五月人形作家の松崎幸一光の作品ということです。
松崎幸一光さんは経済産業大臣指定伝統工芸士で、日本古来の美とかわいらしさ、あどけなさ、上品で格調の高い色彩で定評のある江戸節句人形の作家さんです。
その幸一光作の五月人形がこちらです。

限定生産なので、たくさんの数を用意することができません。
五月人形を揃えるころになる3月にはもう市場から姿を消してしまう年もあるくらい貴重な五月人形です。
幸一光作の五月人形の特徴は、伝統の作り方をきちんと踏襲した見事なばかりの細工に加え、完成度の高いあどけない顔だちにあります。
もともと、童子が鎧兜を身に着けているこちらのようなタイプは「武者人形」とも呼ばれますが、
武者人形はあどけない童子の行く末を寿ぎ、立派な大人になるまでの災厄をはらってくれますようにという願いが込められています。




お洒落な屏風

美しい刀

綺麗な房

見事なカタナ

お洒落なデザイン

弓たちの説明

エンジ色が素敵


こだわりの台・屏風

古民家調で重厚感がある
屏風の高さ:55㎝になります。

古民家調で重厚感がある

ポノグラムが光る

キラキラする

金彩加工

高級感が漂う

手を抜かない技法

武者人形のルーツは江戸時代といわれています。もともと端午の節句が男の子のためのお祭りになったのが室町時代からなのですが、
その後、宝暦年間に現在のような五月人形のスタイルが確立されました。
現在の五月人形の系譜は、江戸時代に始まったと言っても過言ではありません。
鎧兜も簡易な作りものではなく、ひとつひとつ職人技によってつくられた隅々まで丁寧な作りの五月人形です。
江戸期に確立した江戸人形の伝統的な系譜を継ぐ第一人者である幸一光の作品は、もちろん量産ができません。

日本市場から完全に消えてしまう年もありますので、お気に召しましたら早めのご用意をお願いいたします。
添え物は、破魔矢・破魔弓と刀剣のセットです。破魔矢・破魔弓は右手に、刀剣は左手に置きます。
どちらも、降りかかる災厄を薙ぎ払い、退けるという勇ましい意味を持っています。
屏風のデザインは青海波に松。
長寿を表す松と、永遠を象徴する青海波の文様をバックに立つ五月人形は、お子様の将来を寿ぎ、災いを引き受けてくれる凛々しさに満ちています。

商品詳細
商品名 :  幸一光 駿

タイプ :  子供大将タイプ

価格  :  118,000円(税込み)

サイズ :  間口60cm × 奥行き40cm × 高さ62cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。

ご購入はこちら

五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求