戻る>トップ>全商品を見る>本多忠勝の鎧なら!

a:2656 t:1 y:1

五月人形 本多忠勝なら!

徳川家康の四天王の一人 本多忠勝の五月人形飾りです。

漆黒の鎧がとっても勇ましさを感じさせます。

漆黒の鎧

本多忠勝の五月人形

徳川家康の四天王の一人

本多忠勝は家康の忠臣たちのなかでも武勇に優れた武士として知られ、生涯の合戦の中で一度も傷を受けたことがない武将として知られています。
有名な大数珠は、倒した敵の菩提を弔うものといわれ、戦国時代の武士の無常観を表したものとして装飾的にも後世に高い評価を受けました。

格好いい鎧飾り

高級感が違います

本革の素材で作る

とことんまで本物

強すぎる武将

槍の名手の本多忠勝

見事な武将

五月人形の最高級

素敵な甲冑

デザインが綺麗

本物作りの鎧

最新作の甲冑

本革を使いこだわり抜く

気品さが違います

戦国武将の五月人形をお求めになる方は、五月人形のモデルになった武将にこだわりがある方が多いのですが、本多忠勝の具足は、忠勝自身をよく知らなくても一目ぼれし、その生涯などを知ってさらにほれ込んでお求めになる方が多いのです。

端午の節句は、五月人形を飾り、男の子に降りかかる災厄を断ち切ることを祈るための節句として平安時代から始まりました。
勇猛果敢な五月人形を飾ることでその武将のように迫りくる災厄を切り払ってほしいという親の願いが反映されたお節句です。


弓太刀

23醍醐
重厚感のある弓太刀となっております。

丁寧な作り

ずっしりと重い

こだわってつくる

つくりがいい

槍もついています
槍もついています。
本格派


オリジナルな屏風
屏風の高さ:102㎝になります。
木目も美しい屏風には龍虎を配しました。

高級ある本物

見たこともないデザイン

素敵な屏風

綺麗な屏風でよかった

龍虎は龍が向かって右、虎が向かって左に配されている時は天下泰平のモチーフとして多くの絵に描かれてきたものです。
龍は青龍に通じ、東の方角の守り神として、虎は白虎に通じ、西の方角の守り神として親しまれてきたモチーフです。


五月人形は、ものも豊富でなく命もいまよりずっと簡単に失われてしまう時代から、
生まれてきた命を大切に扱い、小さな命が無事に大人になることができるように祈る日本の大切な風習です。
ぜひ、丁寧に作られた五月人形で祝って差し上げて下さい。

商品詳細
商品名 :  雄山作 本多忠勝の本革鎧

タイプ :  鎧

価格  :  350,000円(税込み)

サイズ :  間口85cm × 奥行き65cm × 高さ126cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。

ご購入はこちら

五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求