戻る>トップ > 全商品を見る > 武久の鎧

a:5931 t:1 y:5

とっても人気!平安武久の鎧

平安武久(へいあんぶきゅう)とは、京甲冑師の名前です。
洛冑会と呼ばれる最高ランクの甲冑師たちの集まりのうちの1つで
現在は2代目と3代目が甲冑の製作に取り組んでいます。
洛冑会(一水・粟田口清信・平安武久)はデパートや人形専門店でも最高ランクの甲冑師として別格の扱いを受けています。

京甲冑の五月人形
武久作の鎧は本格的かつ伝統的な作りをそのまま踏襲しています。
京物(きょうもの)ならではの重厚感漂う作り、本金箔押しの飾り、細部まで緻密な作風は、五月人形の中に永遠に変わらない男子の精神美や至誠の精神を表現しています。

本物の鎧

武久の京甲冑

京都の人気甲冑師が作り上げた鎧人形の12号サイズです。
本金の箔を小札に押し当て京都製ならでは、漆塗りをしての本作りの鎧です。
京製とあって、頑なに昔ながらの技法で作りあげているのです。
本物だけが解る五月人形の京甲冑。


最高グレードの作品

本物志向の商品

魅了されてしまう素敵さ

本物の五月人形

武久の鎧

本金箔押し

高級な作品

全ては京都から

文化の発祥の京都から

見事な作品

高級感が違います

質感が溢れます

細部までこだわる

気品さが伝わる

上品な出来栄え

素敵な初節句

戦国武将にとって合戦は、文字通り命を懸ける場所。
甲冑師も武士の命を預かる鎧を作るために最高の技術と最大の技量をこめて鎧を制作していました。
その時代の甲冑師の心意気を現在に伝える甲冑師の一人が武久です。

兜の前立てには龍が取り付けられることが多く、雄々しい中にも優雅で高貴な雰囲気が魅力的です。
五月人形の鎧は、「江戸甲冑」「京甲冑」「それ以外」というくくりになっており、
それ以外の甲冑にも龍が前立てについているものはありますが、
細工の細かさや金属を使用した豪華な具足は京甲冑に勝るものはありません。



弓太刀

23醍醐
重厚感のある弓太刀となっております。

丁寧な作り

ずっしりと重い

こだわってつくる

つくりがいい

槍もついています
槍もついています。
本格派



屏風

90矢羽根
屏風の高さ:90㎝になります。

オリジナルデザイン

質感が違います

とっても素敵な屏風

矢羽根の絵柄

天然の素材を素材を使う

金彩加工の絵柄



五月人形は、武将の武勲にあやかり災厄を避け、自分の人生を切り開ける人間になってほしいという願いを形にしたものです。
格調高い本物の五月人形は無事で実り多い人生をと願う思いを具現化したものです。
本物の五月人形で初節句を祝ってあげてください。

商品詳細
商品名 :  京甲冑 平安武久 鎧

タイプ :  鎧

価格  :  415,000円(税込み)

サイズ :  間口85cm × 奥行き65cm × 高さ114cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。

ご購入はこちら

早期特典

五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求