戻る>トップ>全商品を見る>伊達政宗金の兜

a:560 t:1 y:2

着用収納 伊達政宗金の兜

画像の説明
左が長い三日月が印象的な伊達政宗の五月人形です。
この形の前立てを使った兜は現存しています。
宮城県の仙台市博物館にある黒漆五枚胴具足がこの前立てを使った兜です。
重要文化財にもなっています。

画像の説明

画像の説明

武将由来の五月人形をお子さんやお孫さんに贈ろうという方は、その武将にちなんで贈ることが多いのです。
実際に現存している兜なので、大きく成長したお子さんとぜひ一緒に見に行っていただきたいと思います。
そうした未来への楽しみが得られるのも、現存している兜の魅力です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

伊達政宗は東北地方を平定した武将です。
知略があったばかりではなく、家来からの人望も厚く、戦に強い武将でした。

伊達政宗があと10年早く生まれていたら、天下を取っていたのは秀吉でも家康でもなく伊達政宗だったろうという歴史家は多く、東北で今なお愛されている武将です。


芯木の向き
shingi.2.jpg


弓太刀
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

お子さまが持って遊んでも危なくないデザインになっています。
ですが、小さなお子さまは思いがけない遊び方をすることがあるので、遊ぶ際には必ずそばで大人の方が見ているようにしてください。


屏風
龍虎収納
屏風:65センチ 収納箱:30センチ 総丈95センチとなります
伊達政宗の別名は、「独眼竜政宗」と言います。
幼少時の病気によって片目を失った伊達政宗は、大河ドラマなどでは片目に刀の鍔を当てた姿で知られています。

黒い屏風

キラキラ光る龍虎

ポログラムがキレイ

高級感あるデザイン

独眼竜政宗にちなんだ五月人形を引き立たせる屏風は竜虎をあしらったものにしました。
竜虎の屏風は王者の屏風なので、中国では天子(=王)が使う屏風です。

今にも争いが始まりそうな屏風に見えますが、実はこの2つのモチーフは天下泰平の証。
龍だけでなく、虎だけでなく、2頭が並び立つことによって争いの怒らない世の中を表している図です。
兜の下に敷く敷物も、龍をモチーフにしています。

ひとつに収納出来ます。

コンパクト 収納BOX
屏風以外の全ての品が収納可能です!


こんな人におすすめです
「将来、大きくなったお子さまと、五月人形のもとになった兜を見に旅行に行きたい方」
「武将にちなんだ五月人形を贈りたい方」
「伊達政宗の勇敢さにあやかり、勇ましい子に育ってほしいと思っていらっしゃる方」

商品詳細
商品名 :  着用収納 伊達政宗金の兜 

タイプ :  着用収納兜

価格  :  162,000円(税込み)

サイズ :  間口66cm × 奥行き46cm × 高さ95cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。

ご購入はこちら

五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求