戻る>トップ > 全商品を見る > 着用収納 貫前彫金の兜
a:2485 t:1 y:0
ありがとうございます。こちらは完売しました。

着用収納 貫前彫金の兜

nukisaki-syuunou②-1
群馬県富岡市にある貴前神社の兜を模して造られた五月人形です。
勇ましさ、勢いを表す赤をふんだんに用いた兜は、龍のモチーフを多用しています。

他にも多数ございます。ぜひご覧ください! ↓↓クリック
五月人形一覧を見る

nukisaki-syuuno②-3

nukisaki-syunou②-2

彫金の兜にしては価格が控えめになっていますので、手に取っていただきやすい一品かと思っております。
価格が控えめになっているのは、兜の質とは関係なく、屏風の高さを控えめにする、
彫金師や甲冑師の木札が付かないなどの細部の調整によるものです。

五月人形自体は他の価格帯の五月人形と質は同一ですので、ご安心ください。

赤を使用した兜
赤を使用した兜に彫金の龍が映える作りです。
兜に彫金
小札は、ひとつひとつを職人の手作業によってしっかりとつなげられています。
職人の手作業

作りがいい

赤が映えるかぶと

龍は水の神
龍は水をつかさどる神と言われる



●龍
龍は水をつかさどる神と言われ、春分に天に昇り、雲を起こし雨を降らせ、
秋分には淵に隠れると考えられていた想像上の動物です。
風水では「気の流れをつかさどるもの」という意味を持ち、
お子さんに良いエネルギーが流れ込んできますように、という意味も込められています。

●兜の小札(こざね)
この部分は武士の生命線を分けるものなので、戦国時代にはいかに美しく、
切れないようにしっかりつなぐかが職人の一番の技の見せ所だったといいます。
今も昔も変わらない職人技をお楽しみください。


弓太刀

子の無事な成長を願うお祭り
飾りやすい大きさに着目し、小ぶりの弓矢と太刀をご用意しました。
小ぶりなので、小さいうちから手に取っていただけると思います。

男の子の遊びに由来

小型サイズ

作りがていねい

小さくても良い

持って遊べる

弓太刀

飾りやすいサイズなので、玄関のコーナーに置いてお客様をお迎えするように飾っていらっしゃるお宅もあるようです。

台屏風

龍虎収納
屏風には龍虎を描いた絵の上に、さらに金や銀の塗料を盛り上げる手間のかかる技法を使っております。

画像の説明

キラキラ光る龍虎

ポログラムがキレイ

高級感あるデザイン


ひとつに収納出来ます。

コンパクト 収納BOX
そのため、お求めやすい価格の五月人形になっております。
屏風や飾り台の材質は従来のままです。

本物を送ってもらったという感動は、お子さんが大きくなってから芽生えるものです。
いろいろとものがわかるようになってから、あるいは大人になって自分の子どもに送るときに
初めて贈り主の思いに気が付く日が来ることでしょう。

時間を越えた贈り物としての五月人形は、本物であっていただきたいと思っております。

商品詳細
商品名 :  着用収納 貫前彫金の兜

タイプ :  着用収納兜

価格  :  98,000円(税込み)

サイズ :  間口66cm × 奥行き46cm × 高さ95cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。


お手入れセット

陣羽織
オルゴール
毛せん
はたき ( お手入れセット )

が付きます。




五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求