戻る>トップ>全商品を見る>辰広作 1/3本小札

a:1616 t:1 y:3

辰広作 1/3本小札の兜



モダンで素敵
江戸甲冑師、辰広作のモダンな五月人形です。
伝統的な兜がモダニズムを感じさせるのは、辰広さん自身が伝統的な京甲冑と、
華やかな江戸甲冑の両方を学び、融合させて作った甲冑だからです。

華やかに仕上げ

インテリアになじむ

古き良き伝統と、華やかでモダンな文化の爛熟期の雰囲気を表した五月人形は、どんなインテリアにもなじみます。
お子様の誕生を心から喜ぶ気持ちを反映させて、兜の緒にはお祝いごとの赤を、
そして得意とする彫金部分は美しい金色を用いて華やかに仕上げられています。

ひょうたん
この兜に使われている印伝の文様は「ひょうたん」。
繁栄や出世を願う文様として好まれた文様です。
辰広作のかぶと
兜の吹き返しの部分は、甲州印伝という鹿革を使用しています。
甲州印伝という鹿革

飾り箱もいい
美しい細工を施した飾り箱の上に置台を載せ、そのうえに袱紗をかぶせて兜を飾ります。
丁寧に仕上げ
兜の鍬形の根元にある「花に蝶」のモチーフ

甲冑師の技

鹿革を使用
近年まで門外不出の技法
限定生産

本小札のかぶと

辰広作
江戸甲冑師の辰広(小島辰広)によってつくられた五月人形の平飾りです。



●甲州印伝という鹿革
鹿革に漆で模様をつけたものです。
鹿の革は体になじみ、軽い刀傷なら防いでしまう強度を持っていたため、武将の鎧や兜に多用されていた素材です。

戦の時に体は守りたいものの、すべてを金属加工にすると俊敏性と柔軟性が失われてしまいます。
それを補うことができたのが鹿革でした。
400年以上の歴史を持ちますが、近年まで門外不出の技法となっていて、口伝で伝えられてきたものです。


弓太刀

15金峰

質感がいい弓太刀

矢羽根もキレイ

男の子なら

五月人形の弓

矢羽根も精巧に

手に取りたくなる刀



画像の説明
屏風の高さ:54㎝、全長:72㎝になります。
飾り台は杉の板です。
重厚感があり、使い込まれた昔の調度のような仕上げにしてあります。
武士の必需品だった弓矢と太刀を配し、伝統的な中にもモダンな五月人形の印象をより引き立てる仕様となっています。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

戦国時代、刀はいつでも手に取れるように体のそばに置いておくものでした。
刀を置いておく台(刀かけ)が使えるのは平時の時だけ、と言われることもあるくらい、
武将にとっては命の次に身近なものだったといわれます。

五月人形が平和を象徴するものでありますように、という願いを込めて、刀かけをデザインした屏風をあしらいました。
五月人形に使われている金と赤が浮き立つよう、抑えめの色遣いにしてあります。

商品詳細
商品名 :  辰広作 1/3本小札の兜

タイプ :  兜

価格  :  216,000円(税込み)

サイズ :  間口75㎝×奥行46㎝×高さ72㎝

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。

五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求