戻る > トップ > 五月人形の意味

五月人形の意味

a:1798 t:1 y:1
五月人形って、奥深い意味合いがあるんです。

一般的には、五月人形は「お子さんの健康と成長を願う、祝うもの」とされてます。

しかし、これは完結に表現した時の言葉であってその先の深い意味合いが隠れているのです。

昔は、武家社会やお金のある階級の贅沢な宴として端午の節句が開かれておりました。
装飾用の五月人形を作り、子供の成長を祝っていたのが初まりです。

それが、江戸時代の頃から庶民の皆さんにも広がり、
現代では、5月5日と言うのは、暦の上では子供の日=端午の節句と称されるようになってきたのです。

その行事方法は、五月人形を飾って家族皆でお子さんの成長を祝い、確認する。
ですが、その前に日本の五節句をご紹介しておきます。

まずは、五節句って何?

節句と言って、節(ふし)の旬(しゅん)と書きます。
江戸幕府によって、言葉通りに、季節の節目、旬な時の5つの日を定めたのです。

1、五節句の定義
日本って国は、寒い季節もあれば、熱い季節もある春夏秋冬と言って、季節には季節らしい過ごし方が出来ますよね。季節感を味わうことが出来ますよね。

この季節感をより味わいましょう。と言う事で、江戸時代の初め頃に江戸幕府によって、公家社会の風習と季節の節目の日として、以下の五日間を決めたのです。

当時は、江戸時代の旧暦の暦で五節句を決めました。それが、明治時代に世界標準の暦の新暦に改正されましので、実際は一ヶ月遅れで行われていた感覚で宜しいかと思います。

ひな祭りや、お盆なんかも、旧暦で行う地域がありますが、旧暦の方が江戸時代の実際に行ってきた季節と考えてください。

雛人形には、桜、橘が添えられますよね。実際、桜が咲くのも4月上旬ですものね。

お盆休みも、8月中旬ですよね。すべて、季節の節目と一致すると思いませんか?

         

見事に一ヶ月遅れで考えますと、昔の人達の風情が伝わってきますよね。

五月人形の奥にあるもの

先に記した時代の流れから、今日の重要性・意味とは?

この五月人形とは、基本的には母方のおばあちゃん、おじいちゃんから嫁いでいった自分の娘の子供、赤ちゃんに対して贈られるのです。
元気に素直に健康に育って、嫁ぎ先のお家の子孫繁栄を願ってのお祝い品として昔は五月人形を贈っていた趣旨が強かったのです。

その五月人形を飾り、毎年端午の節句でお祝いする五節句の節目の祝い事なのでした。

現代では、このようなお堅いしきたりや本来の意味は薄くなってきましたが、
赤ちゃんの表情を見ると自分の娘の幼少な頃の顔つきと似ておりますので、嬉しさ、孫への可愛さで五月人形を飾って、端午の節句を過ごして行ってもらいたい。
このような感覚に変わってきているのです。

菖蒲(勝負)にあやかって行われていた端午の節句が、「こどのの日」と言う祝日によって五月人形に対する価値観が、徐々に武者人形から高級な装飾用の鎧・兜に移行していきました???

そして、親は思うのです。一年でこんなに大きくなったのか?去年の今頃はこうしていたのに・・・あーやって、喋っていたのに・・・こんなに成長してくれたんだな。
ありがとう・・・

親が息子の成長を思い出し、再確認し息子さんに、世の中に、神に感謝を自然とするのです。

4、子供から見える五月人形
ゴールデンウィークの長期の休み。お父さんも休日の方も多いことでしょう。
幼稚園、学校もお休みです。

こんな時に、家族揃っての端午の節句と言うよりも、「こどもの日」という男の子のイベント。元気な男の子は、お父さんといれて嬉しいし、端午の節句のための自分の五月人形が飾られてくるわ、で大満足。

毎年、少しづつ成長していく子供の目線と覚えていく速さ、興味の移り変わり。しかし、五月人形が飾られて決まって出てくる言葉。
「この五月人形は、おじいちゃんおばあちゃんがあなたが元気で良い子でいますようにって、くれたんだよ!」
こんな会話を毎年、五月人形と共に聞いて成長していく五月五日というこどもの日。
子供の中に、端午の節句で祝い続けてもらったという想い出が残るのです。
「元気いたい!良い子でいたい!」という意思が明確になるのです。
「贈り主のおじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ち」が、宿って行くのです。

こんな深い意味が五月人形に隠されているのです。

五月人形の飾る時期について
五月人形のしまう時期について
相場について
金額について
飾る日について
誰が買う
買う人は、誰?

飾る場所
値段って、どのくらい
五月人形のしきたりとは?
五月人形の防虫剤について
出す日は、いつが良いの?
五月人形を購入について(どこ)
五月人形はどこで販売

いつまで飾る?
収納場所はどこ?
保管場所に気をつける
配置は、どうだったかな?