戻る > トップ > 五月人形のお役立ち情報 > 誰が買う

五月人形は、誰が買う?

a:941 t:1 y:2

ちょっと今さら聞けない、五月人形って、誰が買うの?という疑問がある方も多いようです。

五月人形で祝う。という風習は、地域によって多少異なるようなのです。

日本全域がすべて共通という事は、無いようですのでここでは極一般的な文章を記載させていただきます。

一般的には、嫁側のおじいちゃん、おばあちゃんから贈るというのが習わしです。

男女が、結婚して男性は手塩にかけて育てたお嬢さんを男性側の家族に嫁に頂く。
その際に、結納金を言うものを女性側家族にご用意します。
嫁側は嫁がせるということで、家財道具一式を用意する。
これが、嫁入り道具ですよね。

そして、男の子が産まれたら、嫁側のご両親が五月人形や鯉のぼりを贈ってお祝いをする。
女の子でしたら、これまた雛人形を贈って、初節句のお祝いをするのです。

両方、母方のご両親が行うのが通説の習わしなのです。

ですが、その風習というものは、古くから代々そのように行事を行っているからそれが当たり前と言って成り立ってくるのです。

風習、習慣と言うのは、ゆっくりと伝授し伝えられていくのです。

況してや、お節句でお祝いをする。お祝い出来るというのは、今の形式の雛祭り端午の節句が300年以上も昔に皆が出来る事なのでしょうか?
出来る訳が、ございません。大名や将軍、公家階級の贅沢な宴だったのです。

庶民は、粘土や紙の雛人形、五月人形だったのです。

現代の高価な雛人形、五月人形で、皆が桃の節句、端午の節句で雛人形、五月人形をご用意出来るのは、ここ50年年くらいかと思います。

風習、習慣が薄い地域でしたら、誰が五月人形を買うんだろうか?どんな時に使うのだろうか?そんな疑問が出てきてもおかしくないのも事実ですよね。

古くから、日本の文化の中心は京都、江戸が、文化の中心となっております。
よって、この地域から遠方の沖縄や青森県等は、雛人形、五月人形でお祝いする風習、習慣は若干少ない傾向にあります。
実際、この沖縄、青森県には雛人形や五月人形を販売しているお店も数少ないのです。

一方、この京都、東京の近隣の方は、お節句を昔から毎年の行事として携わって過ぎしてきているので誰が買うのかとかは、
否応でもおじいちゃん、おばあちゃんから聞かされていたりとか、代々のしきたりとして会話をしているので暗黙の了解で解っているのです。

この五月人形や雛人形を誰が買うのか?という問題ですが、
風習が薄い地域の方と、風習が濃く過ごしてきた地域の方のご結婚ですとご両家の意見がちょっと違いが出来るのは、当然なのです。

ですが、先ほど行った結納金、嫁入り道具の簡素化に見られるように五月人形を用意するのもご両家折半の方も増えてますし、男親さんご両親もお孫さんが出来た。
その嬉しさで、男性側がご用意する方もいらっしゃいますし、若夫婦さんでご用意する方もいらっしゃいます。
ですので、五月人形は母親方のご両親がご用意するのが基本線ですが、
昔と違いその考え方も多種多様になっております。

しかし、子供、お孫さんへの愛情のベースは何にも変わっていないという事は、言えますよね。