トップ>全商品を見る>朔太郎7号兜 緑
a:281 t:3 y:8

朔太郎7号 緑

朔太郎7号兜 緑!

若草色をほどこした五月人形です。
お子さんがすくすく成長するようにという祈りを込めた色味です。
お子さんの成長は植物の成長によくたとえられます。
どこに生まれたとしても太陽に向かって真っすぐに育っていく姿が昔の人にはそう見えたのでしょう。

画像の説明


画像の説明

甲冑師 朔太郎
甲冑師朔太郎の五月人形はコンパクトでありながら非常に精巧な工程を踏んでいることで有名です。
使用している糸の本数も多いことから、さまざまな色の変化を出すことができるため、
小さめですが華やかな色合いにファンの多い甲冑師でもあります。

画像の説明
作家物の五月人形は大きな鍬形が特徴的です
画像の説明
鍬形とは兜の前にさす金属の飾りのことです
画像の説明
実践的には弾除けとしての意味があるといわれていました
画像の説明

画像の説明
わざと目立つものを付けることによって、武勇のアピールをする意味もあったと伝えられています

画像の説明
小さくても手にずっしりとした重みを伝えてくれる五月人形です
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明
場所を取らないので転勤族の方々にも喜ばれています



弓太刀
画像の説明
五月人形に使われているアクセントの赤と同じ色の紐が鮮やかな弓と太刀をお付けしています

画像の説明
弓と太刀は魔よけの意味でおいていただくものです
画像の説明

画像の説明

画像の説明
弓と太刀は武将のお守りでもあります
画像の説明

画像の説明

昔の人たちは病気や災難を魔物の仕業だと考えていました。
魔物は光るものと弦が鳴る音が嫌いだという言い伝えから、太刀と弦を一緒に飾るようになったということです。
弓と太刀は武将のお守りでもあります。
ですが、決して好戦的な意味ではありません。
太刀は柄を下にして飾ることで、「戦う意思はありません」ということを表しています。

屏風

42センチ屏風
屏風の高さ42センチ程
室内でも明るく映える色です

白地に波松模様
春の空が淡く煙っているような色の屏風に、金彩で松と青海波を描き入れました

絵柄も人気
使われているのは松に青海波のモチーフです

金彩の中にホログラムを入れてありますので、角度によってキラキラと輝く小さな光もお楽しみください。
使われているのは松に青海波のモチーフです。
松は長寿、青海波は穏やかな日々がいつまでも続く様子を表しています。
お子さんの未来に、長寿の恵みと穏やかな日々がいつまでも続きますようにという祈りを込めた屏風です。


こんな方におすすめです
小さめでも高級感溢れる五月人形をお探しの方
作家物の五月人形が欲しいと思っていらっしゃる方
五月人形を通してお子さんに無病息災の願いを届けたい方


商品詳細
商品名 :  朔太郎作 7号の兜・緑

タイプ :  兜

価格  :  108,000円(税込み)

サイズ :  間口42cm × 奥行き36cm × 高さ46cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。

ご購入はこちら

五月人形一覧を見る


良し悪しを知る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求


}}}}}}}