戻る > トップ > 五月人形の飾り方 > 五月人形の飾り方:伝統とモダンさを引き出す5つの重要ポイント

a:25454 t:14 y:24

五月人形の段飾りの飾り方や組み立て手順

端午の節句の五月人形は、子供の成長をお祝いする際に飾られる伝統的な飾り物です。
特に成長と健康を願うために、ご家庭に飾ることが一般的です。

このページでは、五月人形の飾り方や組み立て手順についてご紹介します。
お子様の成長を祝う特別な日に、ぜひ参考にしてみてください。

五月人形の伝統とモダンさを引き出す飾り方のポイント

五月人形の飾り方において、飾り付けの細部にこだわることは、勇ましさやモダンでおしゃれな飾りを引き出すために不可欠なポイントです。

以上のように、五月人形の飾り付けには、細部までこだわった飾り付けが必要です。
五月人形の美しさを引き出すためには、生地の美しさや季節感を表現する装飾品にこだわり、
細部まで丁寧に手入れを行うことが大切です。



新緑をの微風を感じる空間に早変わり

また、五月人形を飾る際には以下の5つの重要なポイントも意識して飾りますとお部屋の中の空間が、
ゴールデンウィークの新緑の季節を感じる空間に早変わりします。

1. 飾る場所を決める

2. 飾り方の配置

3. 飾りつけの細部にこだわる

4. 伝統的な要素と現代的なモダンな要素を取り入れる

5. 手入れと保管

以上のように、五月人形を美しく飾るためには、飾る場所の選定、飾り方の配置、飾りつけの細部へのこだわり、伝統的とモダンな要素の取り入れ、手入れと保管の注意が必要です。
これらのポイントを参考にしつつ、五月人形を飾る楽しみと美しさをじっくりと味わってください。

五月人形の段飾りの飾り方や組み立て手順

五月人形の三段飾りは、とっても豪華で見栄えがします。

ですが、付属品が多くてどこにどこを配置するのか?解らなくなってしまう方も多いです。

そんな皆様のお悩みを図解で解説しながらご説明させて頂きます。

五月人形の3段飾りのパーツの名称
こちらの五月人形のお写真は、基本的なパーツの構成となっておりますが、
雛人形と違いそれぞれ色々な組み合わせのタイプがございます。

*具体的な五月人形の段飾り(平飾り)の飾り方

五月人形の段飾りを飾るためには、以下のアイテムを準備します。

① 緑の毛氈を敷く

最初に三段飾りや平飾りの下に引く緑色の毛せんが付随している場合には、毛せんを敷きます。

② 三段飾りを組み立てる

三段飾りの骨組みを組みまして、下から順番に幕板、細い天板、幕板中段、細い天板、幕板中段、一番大きな天板と組み上げていきます。

③ 屏風を飾る

最上段の後方に屏風を左右均等に置きます。

④ 五月人形の本体を飾る

写真では鎧飾りが飾っておりますが、五月人形の本体がこの他、兜飾りであったり、お顔の付いた大将飾りであったりします。

ご家庭それぞれの趣旨でお選びになった五月人形が飾られているかと思います。

その本体を最上段の中央部分に設置します。

⑤付属の部品を上段から飾って行く。

中段の中央に、馬を飾りその両サイドに武者人形を飾ったり

また、二本の刀の大刀・小刀を飾ったりとか、様々なバリエーションの組み合わせを持っておりますので、写真通りの部品が無くても特別問題はございませんのでご安心ください。

下段の両サイドには、両立ちの吹流しと鯉のぼりは、三段飾りの下段の両サイドに良く付く部材です。

下段の中央部分の粽(ちまき) 、瓶子(へいし) ・八足台(はっそくだい) 、柏餅(かしわもち) は、

高杯が二つ置かれたりとここもご家庭、地方のアレンジが多い一つでもあります。

五月人形の三段飾りは、とっても豪華です。

飾り方は大変ですが、端午の節句の意味合いや、昔の人の考え方、習わしの全てが注ぎ込もれた部品の構成となっております。

こんな五月人形で、端午の節句という子供の日を祝えること自体、とっても素敵な習わしです。

*まとめ

以上の手順で、五月人形を飾ることができます。
五月人形を飾る際には、飾る場所の選定、飾り方の配置、飾りつけの細部へのこだわり、伝統的な要素の取り入れ、手入れと保管の注意が必要です。

これらのポイントを参考にしつつ、五月人形を飾る楽しみと端午の節句の子供の日の素敵な習わしをじっくりと味わってください。



五月人形を楽しむ家族


5月人形を提供する前に、伝えたい事 ↓ 動画をクリック ↓




ひなせいスタッフ