トップ > 全商品を見る > 天真の五月人形
a:845 t:1 y:0

てんま
人形高さ:おおよそ31センチ

幸一光 天真

幸一光の人形はたくさんありますが、天真(てんま)は中でも利発的な瞳が特徴的です。
意思をもって閉じられた口元は、しっかり閉じられたお子様の口元と似ていらっしゃるのではないでしょうか。

画像の説明
かわいいまなざしが人気の五月人形です

画像の説明
伝統を生かしつつ現代的な五月人形を作ることで有名な幸一光の五月人形です

赤ちゃんの頃は、顔のパーツがそれぞれ顔の中央により気味だと言います。
顔が大きくなるにしたがって目鼻の間がどんどん外に広がってくるので、
画家が子供の年齢を描き分けるときは顔のパーツの配置に一番気を遣うといいます。

可愛い天真
それは、お顔の表情が何とも言えないからなのです。
今の可愛いお子さんの顔も、きっと日々変化していることでしょう。
幸一光の五月人形の目鼻は、お子さんが赤ちゃんとして過ごしている時代の配置によく似ているのです。
大きくなってもきっとお子さんはかわいいものです。

子供大将 大夢くんのお顔
その可愛いお顔は量産型のものではなく、ひとつひとつ人形師幸一光に自作されています
幸一光

天真

子供大将

幸一光 天真


幸一光
全てを手作業で行う、人形師ならではの作品です
こども大将

てんま

かわいいお顔

人気



<幸一光>
桐の木を彫刻して顔の形を作り、胡粉(ごふん)という伝統的な糊料を5回も塗り重ねて原型を作り、
それをかたどりして頭の形を作ります。
全てを手作業で行う、人形師ならではの作品です。
今の時期しかないかわいい感じをとどめておく五月人形は幸一光だけ!
とおっしゃるお客様も多く、ファンの多い有名な人形です。


お洒落な弓太刀
五月人形が腰に差している刀とは別に、魔よけとしての意味を持つ太刀と弓をお付けしています

美しい刀
屏風に向かって太刀は右に、弓矢は左に置きます
綺麗な房
五月人形の色合いに合わせた金と赤がシンプルな屏風によく映えます
見事なカタナ

お洒落なデザイン
太刀は柄が下になっています
弓たちの説明
これは、先頭道具としての太刀ではなく、守り刀としての太刀だからです
エンジ色が素敵



柄を下にしておくということは、「あなたとは戦う意思はありません」ということを意味します。
太刀の意味は魔よけで、魔を切るという役割を果たします。
お子さんに災厄が一生降りかかりませんように、元気で健やかに大人になれますようにという親の祈りを込めた風習です。

屏風

職人の技が光る
屏風高さはおおよそ55cm。金彩の屏風をお付けしました

職人の技が光る
金色の塗料だけではなく、ホログラムも使用しています
ポノグラムが光る
見る角度によって色がキラキラと変化します
キラキラする

金彩加工
松の木の後ろにあるのは波の模様です
高級感が漂う
お子さんの平穏を願う五月人形の屏風としても好んで使われるモチーフです
手を抜かない技法



波はずっと打ち寄せ続けることから、穏やかな日々が続くことを表す有名なモチーフとして古くから愛されてきています。
室内を照らすやわらかな春の光によって変化していく美しさをお楽しみください。



こんな方におすすめです
有名な幸一光の五月人形をお探しの方
赤ちゃんの頃のかわいいお子さんの顔をとどめておきたいとお考えの方
お子さんに平和な日々が長く続いてほしいと考えていらっしゃる方

商品詳細

商品名 :  子供大将 幸一光 天真

タイプ :  子供大将タイプ

価 格 :  165,000円

サイズ :  間口60cm×奥行40cm×62cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。


ご購入はこちら

五月人形一覧を見る


良し悪しを知る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求