戻る > 五月人形のトップ > 五月人形 全一覧 > 真田幸村 一覧と生き様、人物像






Sanada Yukimura|真田赤備え & 六文銭










五月人形 真田幸村 鎧兜飾り














真田幸村の人物像

以下をクリックしますと、真田幸村の生き様が知れます








特集!真田幸村 五月人形 生き様 人物像 生涯













戦国武将の真田幸村の特徴とは?



真田幸村(1567年-1615年)は、
日本の戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将であり、
その赤い鎧と勇猛な戦いぶりで知られています。











真田幸村の赤い鎧は、「真田赤備え」と言われた理由

真田幸村の鎧は、赤く輝き、まるで戦場に燃える火のようで
「真田赤備え」と呼ばれ、彼の象徴ともなりました。

この鎧は幸村の豪快な性格や戦いの熱意を表しており、
戦場で彼を一目置かせる存在となりました。



また、幸村の家紋である「六文銭」は、彼の生き様・精神でもあり、
彼の身分や家柄を示すものでもありました。













「小田原の合戦」「関ヶ原の戦い」|真田幸村の活躍

特に有名なのは、
「小田原の役(小田原合戦)」や「関ヶ原の戦い」における真田幸村の活躍です。

小田原の役では、豊臣秀吉の軍勢に対して真田氏が奮戦し、
堅固な要塞である小田原城を守り抜きました。

幸村は、その機知と戦術眼に優れ、敵軍を翻弄し続けました。

参考>

・「小田原の役」:
1590年3月 全国の諸将率いる約18万の豊臣秀吉大軍と、
「北条氏は、約5万の兵で籠城戦法

・「関ヶ原の戦い」:
1600年9月、徳川家康の率いる東軍と、
石田三成(みつなり)を中心とする西軍によって、
美濃(みの)国関ヶ原(岐阜県)で行われた「天下分け目」の戦い



関ヶ原の戦いでは、徳川家康に味方して西軍と戦いました。

家康の命を受け、真田隊は敵陣深く進入し、
勇猛果敢な戦いぶりで敵を驚かせました。

幸村は、その勇猛さと冷静さで多くの戦いをくぐり抜け、
後世に語り継がれることとなりました。











真田幸村 兜 武将 人格 人柄 真田幸村の兜飾り|五月人形を選ぶ理由



真田幸村は戦国時代の名将として称されるだけでなく、その人間性も評価されています。

彼は家族や部下を大切にし、信頼と忠誠を築き上げました。

また、人間味あふれる一面も持ち合わせており、
戦場では容赦なく敵を討ち果たす一方で、

家族や仲間たちとのふれあいや助け合いも大切にしました。






五月人形 真田幸村 鎧兜飾り













真田幸村の壮絶な決戦と人間像 生き様 ― 大坂「夏の陣」(1615年)

背景
戦国時代の終焉を告げる激動の時代、大坂夏の陣は、
豊臣家と徳川家の激しい抗争の最終章でした。

真田幸村は、その武勇と知略で知られ、
豊臣家の最後の砦として大坂城に立ち向かいました。

彼の志は、家康の本陣を突き崩すことにありました。

戦場の熱気

大坂夏の陣が始まると、戦場は熱気に包まれました。
真田幸村の指揮の下、真田軍は士気を高め、家康の本陣への猛攻を開始しました。

その背後には、歴戦の勇士たちや若い志士たちの情熱が燃え盛っていました。











六文銭|真田幸村 兜の前立てにある本当の理由 生き様



決死の覚悟

真田軍は、徳川本陣への攻撃に際し、決死の覚悟で戦場に臨みました。
幸村自身も、六文銭を持ち、死を覚悟して戦場に赴きました。

彼らは、勝利か死かの覚悟で戦うことを決意し、その覚悟は戦場全体に広がりました。



六文銭の鍬形(くわがた)の理由



真田幸村は戦いにおいて、死を覚悟した覚悟で戦場に挑んでいました。

彼は自らの家紋である六文銭を持ち、
死後の世界である三途の川を渡る際に渡し守に払う覚悟を持っていました。

この覚悟は、彼が戦場で命を賭けて戦う姿勢や、家族や信頼する仲間たちとの絆を示すものでした。



その勇気と覚悟は、後世においても称賛され、彼の伝説として受け継がれています。



雄々しい奮戦



真田軍は、家康の本陣へ向けて雄々しく奮戦しました。
幸村の勇猛な指揮のもと、
真田軍は敵陣を突破し、敵将を打ち破るために全力を尽くしました。

その戦いぶりは、後世に語り継がれるほどの壮絶なものでした。



家康の猛反撃



しかし、徳川本陣は家康自らが率いる強力な軍勢であり、
真田軍に対して猛烈な反撃を仕掛けました。

真田軍は、敵の猛攻にさらされながらも、勇敢に立ち向かい続けました。

その戦いは、歴史に燦然と輝く真田の名を残すものとなりました。



最後の突撃



戦場は激化し、真田軍は最後の突撃をかけました。
幸村の率いる部隊は、武士の魂を胸に抱き、敵陣深く突撃しました。

その勇姿は、戦場に響き渡り、敵を震撼させました。



英雄の最期



しかし、激しい戦いの中、真田幸村は敵に包囲され、苦境に立たされます。

最期の瞬間まで彼は壮絶な戦いを続け、自らの身を挺して敵に立ち向かいました。

その勇姿は、後世に英雄として称えられることとなりました。











武将 真田幸村の兜鎧の五月人形が、人気の理由|永遠な勇気と生き様



大坂夏の陣における真田幸村の壮絶な戦いは、
後世にまで語り継がれることとなりました。

彼の勇気と決断は、
日本の歴史の中で永遠に輝くものとなり、多くの人々の心に刻まれました。



真田幸村は、その生涯を通じて、
勇敢さと人間性を兼ね備えた真の武将として称えられるでしょう。

ですので、赤い鎧、鹿の角(つの)、六文銭で表現された
真田幸村の五月人形の兜鎧飾りは、人気があります。












鎧飾り|Yoroi



10号 鎧飾り 真田幸村 赤い兜鎧|五月人形|おしゃれ|六文銭

あえて目立つ赤い色の鎧を身につけた真田幸村
10号 鎧飾り 真田幸村 赤い兜鎧|五月人形|おしゃれ|六文銭











着用兜飾り |Big Kabuto



着用収納兜 真田幸村 兜|大きな兜飾り|五月人形|収納タイプ

戦国時代の武将の真田幸村の稀少な赤色甲冑が映えます
着用収納兜 真田幸村 兜|大きな兜飾り|五月人形|収納タイプ



着用兜飾り 真田幸村 兜|5月人形|優雅で豪快|派手で綺麗|おしゃれ|五月人形

戦国時代の武将の真田幸村の稀少な赤色甲冑が映えます
着用兜飾り 真田幸村 兜|5月人形|優雅で豪快|派手で綺麗|おしゃれ|五月人形














コンパクト兜飾り|Compact Kabuto



五月人形 兜飾り コンパクト飾り 真田幸村 兜

黒い鹿の角と赤い甲冑が特徴の真田幸村
鹿の角を兜の両側から出させた独特な赤い兜です
五月人形 兜飾り コンパクト飾り 真田幸村 兜












Categolly Top

カテゴリートップからお探しください

五月人形 おしゃれで豪華な鎧飾りを見る

鎧飾り | Yoroi
勇ましさ

五月人形 鎧飾り 一覧を見る

五月人形 おしゃれな大きな着用兜飾りを見る

着用兜飾り | Big Kabuto
被れる

五月人形 着用兜飾り 一覧を見る

五月人形 おしゃれなコンパクト兜飾り

コンパクト|ブラウン | Compact Kabuto
重厚|古民家調

五月人形 コンパクト兜飾り 一覧を見る

五月人形 おしゃれなモダンでシンプル Flower Moon 兜鎧飾り

モダン|ナチュラル|Flower Moon 兜鎧飾り
空間に寄り添う

五月人形 Flower Moon 兜鎧飾り 一覧を見る

五月人形 おしゃれなかわいい子供大将飾り一覧を見る

子供大将飾り | Cute Face
かわいい

五月人形 かわいい子供大将飾り 一覧を見る


加藤鞆美 兜|Tomomi Kabuto
伝統|漆と革の技法

五月人形 加藤鞆美作 鎧兜飾り 一覧から探す


おしゃれな 全五月人形一覧から探す

五月人形 全一覧 | All Items
まずは、全体から探す

おしゃれな五月人形 全一覧 から探す

五月人形 男の子の名前旗・お名前木札

Name Flag
五月人形と飾りたい名前旗・木札

五月人形 男の子のお名前旗・木札 一覧から探す

簡単設置 ベランダ鯉のぼり

Simple Koi Nobori
楽々シンプル10分設置|女性でも取り付け可能

簡単ベランダ鯉のぼり 一覧から探す












私たちのこだわり

    ・満足されるもの作り

    ・時代を先取りするデザイン

    ・ご家族の未来の笑顔を想像したもの作り

私たちのことについて|Learn More






五月人形の良し悪し 選び方 知る

五月人形 選び方(良し悪し)を知るは、こちら






購入者のお客様 レビュー 端午の初節句

購入者のお客様 レビュー 端午の初節句を 見る






私たちが、伝えたい事 ↓ 動画をクリック ↓






五月人形のカタログ資料請求

五月人形カタログ資料請求はこちら






ひなせい|私たちのこと

私たちのことについて|Learn More




counter:a:328 t:1 y:7