a:1252 t:1 y:3
トップ > 全商品を見る > 鎧飾り

画像の説明

7号 伊達政宗の鎧

お節句に花を添える伊達政宗の五月人形です。
戦国時代には妙見信仰というものが広く信仰されていました。妙見とは「見通す」という意味です。
武将の形をしている神様のように書かれることが多かったので、戦国大名の中にも信仰する人が大変多かったようです。

画像の説明

画像の説明

月の中でも三日月は「これから満月になる」という意味を持ちます。
伊達政宗は今が三日月、これから満月に向かっていくようにという願いも込められていたのかもしれません。

画像の説明
兜の前立てにある大きな三日月が特徴的です
画像の説明
伊達政宗は当時としてはかなりおしゃれな武将でした
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明
五月人形の鎧は黒と金色でまとめました
画像の説明
色を配したことでぐっと存在感の際立つ五月人形です
画像の説明

画像の説明

画像の説明

伊達政宗は当時としてはかなりおしゃれな武将でした。
常識にとらわれない自由な発想ができる人でもありました。
月の中でも三日月は「これから満月になる」という意味を持ちます。
伊達政宗は今が三日月、これから満月に向かっていくようにという願いも込められていたのかもしれません。


弓太刀
白い弓太刀
伝統的な弓と太刀は、五月人形の節句に欠かせない飾り物です

白い弓太刀
鎧兜に向かって太刀は右手に、弓は左手においてください

白い弓太刀
当時の武将の一般的な置き方に倣っています

弓も太刀も、魔物を遠ざけるという意味でお節句には常に五月人形と一緒に置かれるものでした。
かわいい我が子を事故に合わせたくない、病気にさせたくないという親の思いが、
こうした祈りを込めたものをお節句に一緒に飾る風習を作りました。

屏風

<屏風も綺麗なのです!>
平和・長寿を表す松に青海波の文様の屏風を添えました。

職人の技が光る
屏風高さ:おおよそ65センチ

職人の技が光る
金色の金彩加工に松の絵柄
ポノグラムが光る
日本らしさを感じさせ高級感漂う絵柄です
キラキラする


金彩加工
金彩加工の中に、ホログラムを施しております
高級感が漂う

手を抜かない技法
見る角度を変えますと、緑、青、赤、黄色とキラキラ光ります

伊達政宗は内乱の続いた東北を平定し、一つにまとめた武将としても知られています。
東北に平和をもたらした伊達政宗にふさわしく、平和・長寿を表す松に青海波の文様の屏風を添えました。
東北を平定し、徳川三代将軍家光にも慕われた伊達政宗の晩年は大変穏やかで、長生きしたということです。

波乱に満ちた人生でありながら、最後まで自分をしっかりと持ち、
自分の領地を平和に導いた武将として、お節句の五月人形で大変人気の武将です。


『こんな方におすすめです』
お節句にはかっこいい伊達政宗の五月人形を飾りたいと思っていらっしゃる方
武勇に恵まれたお子さんに育ってほしいとお考えの方
常識にとらわれない大きな人になってほしいという願いを込めたい方

お手入れセット

陣羽織
オルゴール
毛せん
はたき ( お手入れセット )

が付きます。


商品詳細
商品名 :  7号伊達政宗の鎧 

タイプ :  鎧

価格  :  108,000円(税込み)

サイズ :  間口60cm×奥行40cm×高さ72cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。



ご購入はこちら

五月人形一覧を見る


良し悪しを知る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求