戻る>トップ > 全商品を見る > 立体伊達政宗 白金兜収納
a:670 t:3 y:1

立体 伊達政宗・白金収納兜

画像の説明
コンパクトに収納できるタイプの五月人形、伊達政宗をモチーフにしたかぶとです。

画像の説明

画像の説明

伊達政宗のかぶとは黒で表されることが多いのですが、珍しい金のかぶとです。
全体的なフォルムの美しさで、コンパクトな中にも存在感のある五月人形をお求めの方に手に取っていただきたい一品です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

かぶとの返しは金色の龍を描き出しています。
幼い時の病気で片目を失った伊達政宗はそのハンデをものともせず戦国時代を駆け上がっていきます。
その姿が若く勢いのある龍のようだということで、後世「独眼竜」と呼ばれました。
東北の龍とたたえられた独眼竜・伊達政宗を表す龍をかぶとの両脇に描き出しています。

五月人形は交通事故や病気から子供を守ってくれる魔よけのものとして江戸時代から本格的に鎧かぶとを飾るようになります。
5月5日を端午の節句として子供の立身出世、健康長寿を祈る風習は実は奈良時代の昔から始まっているといわれています。

武士にとって、鎧かぶとは線上において体を守ってくれる大切なものでした。
その鎧かぶとを飾ることによって、お子さんの体が災厄から守られますようにという親の思いは、いつの世の中も変わりません。


芯木の向き
shingi.2.jpg


弓太刀
9号千代
弓高さ:26センチ 刀高さ:22センチ
コンパクトなかぶと飾りに合わせたコンパクトな弓太刀をそろえています。

小さいけど丁寧

小ぶりな弓太刀

コンパクト

弓太刀

作りが良い

9号千代

弓は向かって右手に、太刀は左手に置くのが約束です。
これは、屏風を背にして立った時に弓矢と太刀を手に取りやすくするため。
刀は「守り刀」という言葉があり、お子さんの体と心を守ってくれるようにという祈りを込めたものです。
弓矢は「破魔」に通じるもので、古くから魔よけに使われていたものです。


台・屏風

工房オリジナル
屏風:高さ42センチ 総丈約62センチ

龍虎の絵柄

目にクリスタル

ホログラムがいい

作りがていねい

端午の節句に飾られるこいのぼりの鯉は、急流を登って龍となります。
龍は空を守り、虎は地を守り、それによって天下泰平になるという龍虎のモチーフの屏風を飾りました。

金色のかぶとをより引き立てて存在感を増す黒い塗りの屏風は、つやがですぎないつくりになっています。
金づくりの伊達政宗のかぶとが良く引き立つ五月人形になっています。

ひとつに収納出来ます。

コンパクト 収納BOX
台は、そのまましまっていただけるよう、兜飾りなどが収納できる箱になっています。


こんなひとにおすすめです
「東北の雄、伊達政宗のコンパクトな五月人形をお探しの方」
「逆境に負けない強い子に育ってほしいという願いを五月人形に込めたい方」

商品詳細
商品名 :  立体 伊達政宗・白金収納兜

タイプ :  収納兜

価格  :  108,000円(税込み)

サイズ :  間口46cm × 奥行き36cm × 高さ62cm

付属品 :  被布着、オルゴール、毛せん、はたき



※掲載内容につきまして
お写真とは、多少 柄の出方が違う場合がございます。


お手入れセット

陣羽織
オルゴール
毛せん
はたき ( お手入れセット )

が付きます。



ご購入はこちら



五月人形一覧を見る

選ばれる理由

まずは手に取り

まずはカタログを手に取り、ご覧になってはいかがでしょうか?
今なら無料でお送りしております。

カタログ請求